【WDW旅行-準備編20】食料品の買い出し【オーランド】

20

フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド&ユニバーサル・スタジオの旅(2017年)の旅行記連載です。

当記事は【準備編20】となります。
今回の内容は

「20.食料品の買い出し」

前回までに旅行日程決め、飛行機予約、ユニバーサル・リゾートホテル予約・WDWのパーク&ホテルの予約・My Disney Experience設定・WDWの大まかなスケジュール決め・マジックバンド設定・レストラン予約・FastPass+予約・WDWホテルのオンラインチェックイン・マジカルエクスプレス予約・WDW予約金入金・ESTA取得・ユニバーサルのパークチケット購入・メモリーメーカー購入・海外旅行保険加入・ビーアワゲスト・レストランのメニュー予約・現地SIMの入手とアクティベート・Uberアプリのインストール・ドルへの両替・ネットスーパーで注文まで完了しています。

全ての記事の目次はこちら↓です。

木村聡子PR
木村はオタクですが本業はプロの歌手・声優です。(ProfileVocal
主な出演作:ディズニー「魔法にかけられて」ジゼル(主役)・「アナと雪の女王」
「美女と野獣2017」・「名探偵コナン~戦慄の楽譜~」千草らら役歌唱 など。
メインのSNSはFacebookで、twitterに転送してます。
Instagram(親バカ写真)もちょこっとやってます。
Welcome Symphony
----------------------------------------------
Welcome Symphony」 CD発売開始!(販売サイト)
アナ雪クリストフ役・原慎一郎さんとの命の誕生の奇跡を
テーマにしたデュエット曲「life」は必聴です!
視聴だけでもぜひお願いします♪ →【YouTube

スポンサーリンク

◆日本から食料を持参する理由◆

前回のネットスーパー注文の記事でも書きましたが、とにかくアメリカは食事がつらいです。
少なくとも私たち家族はみんなゲンナリな感じ。
そして、高い!
ちょっとしたピザとポテトのセットが13ドルから、みたいな。
観光地だからしかたないんだけどね、2週間3食を毎回1人あたり1500円かけるのはちょっと惜しい。(口にあえばアリかもしれないけど)

そういうわけで食べ慣れた日本の食料品をスーツケースにたくさん詰めて行きました。
結論として、日本から食料品を持っていったことは大正解
余らせることが不安でしたが、むしろ日程最後の方は足りなくなりました。
怖がらないで、多めに持っていくのがいいと思いますよ!
余ったって別にいいじゃんくらいの気持ちで。

ただ、生鮮食品は無理なので、基本はレトルト系保存食系になります。
野菜不足は否めません。
しかし、現地で食事してても野菜は不足します。
ホテルのフードコートでサラダが購入できますので(高いけどね)、上手に使うといいと思います。

持って行く量の判断は難しいです。
私たちの場合、ランチの時間はパークにいるのでそこで食べざるをえませんが、朝ご飯はほとんどホテルの部屋でした。
子どもが小さいので早めの時間に帰ってくることもあり、そういうときは部屋で夕飯を食べた日もけっこうありました。
もしくは夕方にファストフードを少し食べて、ホテルに帰ってきてからもう一度食べる、とか。
少し多めに持って行くといいと思います。

さて、持っていくといいかもしれない食べ物一覧を書いていきます。

◆主食系◆

①レンチンごはんパック

これぞ王道。日本人はやっぱりご飯。
1パックあたりの量が違うものがいくつもありますので、1回に食べる量を考えて何種類か混ぜると良さげ。

それとプラパックではなく、ぺっちゃんこにビニールパックに入っててレンジでぷーっと膨らむお赤飯をひとつ買ったら、美味しかったです。
あれ、かさばらないしすごく良かった。

レンジでチンするだけのリゾットやお湯でできるカレーメシとかもあれば嬉しいと思う。でもちょっとかさばるので、スーツケースに余裕があれば。

   

②カップ麺

これも王道。
ラーメン、おそば、焼きそば、春雨・・・
味のバリエーションも多いし、お湯いれるだけだから部屋で食べるのに最適(お湯はポット持参で沸かします)。
ただし、かなりかさばるのが難点。

   

③シリアル

前回記事でも書きましたが、これを持っていかなかったのは失敗でした。
実はちょっと西友で迷ったんだよね~。
でもアメリカまで行って日本のシリアル食べるかねぇ?と思ってやめたのです。
朝食にシリアルとヨーグルト(or牛乳)で簡単に済ませれば楽だし、ドライフルーツでもう少しビタミンも摂れたかもなぁ。
今度行くときは持参しようと思います。

 

④パスタ

今回は持っていかなかったけど、もしかするとパスタはありかもしれない。
水と一緒にチンすれば茹であがるタッパ、あるよね?
あれ使って、パスタソースと合わせればけっこうしっかりした食事ができそう。

 

⑤パン類

これは持参できませんが、参考までに。
どれもすごく高いフードコートの食べ物ですが、実は食パンとベーグルは端っこの方に目立たないように安く売られています。
トースターはありますので、スープと合わせればけっこうしっかり食べられます。
バター・ジャム・蜂蜜・メープルシロップは自由にもらえるようになっています。
(詳しくは別記事で書きます)

⑥おかゆパック

お肉どーんのがっつりディナーの翌朝はやさしいおかゆがあると幸せですね。
レンジにいかないといけないのがややめんどくさいですが。

◆保存食・調味料◆

①塩・こしょう

けっこう使いました。
小さめのボトルに塩胡椒がいっしょになったやつを母が持って来てました。
アメリカの食事って異様に味の濃いものと、謎の薄さのものがランダムにありまして。
これはパークにも持っていってましたよw

②お茶づけ海苔

サラサラサラ~。
幸せな朝ご飯でした。

③梅干し・塩昆布

梅干しはちっさいタッパにいれてビニールで厳重にくるみました。
塩昆布はちっさいジップロックで。

④ふりかけ

のりたま1袋持参。娘はこればっかりでした。
1回ずつの使い切りパックでもいいですね。

⑤魚の缶詰

母と娘はあまり好きではないらしく、もっぱら私だけが食べてました。
サンマ缶やサバ缶。
しっかりおかずになって良かったですよ。

⑥カレー缶詰

イナバのタイカレーの缶詰オススメ!
これはごはんがあったかければ、カレーはあっためなくてもOKなのです。
が、私は容器に移してあっためたけど。
容器があるならば、普通のレトルトカレーでもいいよね。それなら子ども用もあるしね。

  

⑦海苔

韓国海苔を持っていったら、おやつにもなるし、ごはんの友にもなってとても良かったです。
ただ、韓国海苔のパックってけっこうかさばるので、普通の味海苔のパックでもいいかも。

⑧増えるワカメちゃん

これがけっこうな大ヒットだった。
スープやカップ麺になんでもかんでもぶち込んで、かさ増し&栄養補給。

◆飲み物関係◆

①水出し緑茶パック

超助かった。
氷はホテルでもらえます。
大きい水筒に緑茶パックと氷と水を入れて、パークに持っていけば喉が渇く頃には美味しいお茶になってます。
パークが飲み物持ち込み禁止かどうなのかはよくわからなかったのだけど、とりあえずみんなガンガン持ち込んでたし、セキュリティーでの荷物チェックでも何も言われませんでした。

②ドリップパックコーヒー・ティーバッグ

ホテルの部屋でリラックスしたいときに必須。
フードコートでもドリンクバーで飲むことができますが、部屋から出るのって本当にめんどくさい。
今すぐ飲みたいというときに部屋で飲めるのが最高。
コーヒーはもっとたくさん持っていけば良かったとちょっと思った。
ティーバッグは紅茶でも緑茶でもお好きなものを少しずつ。

③焼酎とか日本酒とか

おかんは焼酎1パック日本から持参しててすごい根性だと思った。
私はふだんお酒はほとんど飲まないのですが、疲れた日にちょっとだけお湯割りをもらったら、とてもおいしかったです。
レモンリキッドがあればまた味が変わっていいよね。
お茶割りもできるね。
(写真は瓶だけど紙パックがあればそっちの方が軽いし割れなくていいよ)

④粉末スープなど

わかめスープ、お味噌汁、コーンスープなど。
ちょっと小腹が空いたときにもいいし、汁物があると落ち着きます。
カップのものじゃなくて、粉末だけ小袋に入ったものや、フリーズドライなどの食器が別途必要なタイプがかさばらない。

  

⑤お汁粉

好き嫌いがわかれますが、わたしは大好き。(娘はあんこ拒否)
お餅がないのは残念だけどね。
今回はレトルトの持って行きましたが、こしあんが好きなひとは懐中汁粉もいいよね。
もなかがあんこに溶けて満足感あがる。

 

◆お菓子◆

しょっぱい系のスナック菓子はネットスーパーで注文しておくのがいいと思う。
ポテチとかすごくかさばるしね。
日本から持っていくとしたら、のど飴とチョコ系と和風スナック。

のど飴はキヨスクとかで売っているガム型パッケージが小さくて吉。
ガムも好きなひとは持っていく方がいいかもね。

 

オーランドは暑い日は本当に暑くなるので、チョコ菓子は溶けても手が汚れないものがいいと思う。
トッポとかコアラのマーチとか、チョコが中に入っているお菓子をチョイスしましょう。

 

それとごませんべいを持っていったらだいぶ幸せでした。
おせんべい好きなひとはいくつか持っていくといいですよ!
おつまみバラエティパックみたいなのも良いと思います。
レモンれんこんチップスも大事に大事に食べました。

    

お菓子かどうかは微妙ですが、フルーツミックスもなかなか良いです。
缶詰でもいいですし、私はセブンイレブンのPB製品のパックを持参しました。

———————

ここまで書いてわかるとおり、食料品は本当にかさばるし種類用意するのが大変です。
もうめんどくさいや、現地で食べるわ、っていうのもひとつの手です。
が、私はやっぱり食の好みとして現地で買うものだけで2週間は無理だったと思います。
エプコットに日本食レストランがあるのですが、そこに毎日行くことになっただろうな・・・。

でも、そのレストランにしょっちゅう行くくらいならば、やっぱり日本から持っていけばいいと思うのよ。
現地で食べればその分荷物が減ります。
そこにお土産を入れてちょうど良いって感じになりますよ!

それでね。
食べるときは食べ物だけじゃなくて、食器というものが必要です。
紙コップ・紙皿でもいいのですが、それはそれでかさばるので、ここは使い捨てではない食器を持参しましょう。

◆食器◆

①プラスチック製でレンジOKのカップ

大きめのお椀型のカップならばコーヒーもスープも飲めるし、お茶碗の代わりにもなります。
キャンドゥでこれを買って行きました。(左側)

cup

②冷凍ごはん用タッパ

こちらも少し大きめのタイプがいいです。
キャンドゥで大盛り用をチョイス。
お茶碗にもなりますし、おかずのお皿にもなります。
ごはん1杯にさらにカレーをかけたりお茶漬けにしたりできる大きさです。
蓋があるので、液状のものを入れて暖めたものをフードコートから部屋まで運ぶのも便利。

gohan-cup

③お箸

大人用のお箸はコンビニのお箸がたまってるやつをガッサリ持っていくのも良し。
パッキングの容量が危なければ普段使っているお箸を持っていって洗って使うのもありです。
ちなみに、プラスチックのスプーン・フォーク・ナイフはフードコートにあります。
自由に持って行けますので持参する必要はありません。

④子ども用

子ども用のお箸は必須。パーク内にも持ち込みます。
あとお食事エプロンね。

⑤水筒

みんなで飲むための大きな水筒は大活躍。
水出し緑茶を煎れて飲んでました。
それとは別にペットボトルの水を持って行って、緑茶がなくなったらそこに水を足して行きました。
ちょっと薄くなったけど、ちゃんと2番煎じもお茶になってたよ。

⑥プラスチックコップ

プラスチック製のコップをパークに持って行って、それで水筒から飲んでました。
水筒に直接口をみんなでつけるのは衛生上良くないですからね。
使い捨てじゃないやつです。カラーのプラコップです。
これも洗って毎日使う。
ダイソーで3個入りケース付のやつがあって、それごと持って行ってました。

⑦台所洗剤とスポンジと使い捨て台拭き

使い捨て食器ではないので、洗って使う必要があります。
ダイソーの詰め替え容器に台所用洗剤を入れ、食器洗いスポンジを持って行きました。
それから台拭きが大活躍でした。写真はAmazonにリンク張ってますが100均一にもあります。
1枚が大きめならば2~3枚に切って用途別に使うのがいい感じ。
最終日に捨てて帰国しましょう。

⑧ジップロックと袋留めクリップ

ちょっとしたお菓子の残りなどを入れたり購入したパンを保存したりするのにジップロックはあると便利。
食料品用だけではなくプールのあとに水着入れたり何かと使いました。
あと普通のビニール袋もけっこう使った。
袋菓子などを半分食べて口を留めるクリップも1~2個でいいのであると安心。

⑨マグカップ

プラスチック製のカップもありますが、コーヒーなんかは陶器の方がおいしい気がしますね。
気に入ったものがあれば、現地で購入してそのまま使うのがいいですよ。
ユニバーサル・スタジオでベティちゃんのマグカップで「AMY」と名前が入っているのが可愛かったので、母が購入してそれを旅行中ずっと使ってました。

——————-
持って行く食料品に関しては一日で揃えるというよりも、1ヶ月くらい前から少しずつ買っていくといいと思います。
買う場所もひとつのスーパーではなく何カ所かまわって、お気に入りの食べ物をちょっとずつ購入しておいて、パッキングのときにいろいろな種類をバランス良く混ぜて持って行くべし。
子どもがいる場合は、多少栄養が偏っても、好きなもので揃えてあげてなるべく本人のストレスが少ない状態を作ってあげるように気をつけたいですね。

私はあまり効き目を信じていないので持参しませんでしたが、気になる方はビタミン剤やサプリメントも用意するのもありです。

◆まとめ◆

この時点で出発直前です。

飛行機・ユニバホテル・WDWホテルとチケットの予約・My Disney Experience登録・アプリインストール・予約のリンク(紐付け)・WDWの大まかなスケジュール決め・マジックバンド設定・レストラン予約・FastPass+予約・WDWホテルのオンラインチェックイン・マジカルエクスプレス予約・WDW分の入金・ESTA取得・ESTA取得・ユニバーサルのパークチケット購入・メモリーメーカー購入・海外旅行保険加入・ビーアワゲスト・レストランのメニュー予約・現地SIMの入手とアクティベート・Uberアプリインストール・ドルへの両替・しおり作り・ネットスーパーで注文・食料品買い出しが完了しました。

次記事→
【WDW旅行-準備編21】しおり作り・Eチケット印刷【オーランド】

この旅行記連載の全ての目次はこちら↓です。

米国ディズニーの旅はミッキーネットで!
mickeynetlogo

スポンサーリンク


お読みいただきありがとうございます。
コメント書込み・Tweet・はてブなどしていただくと励みになります。
プライベートな短い日記・つぶやきはfacebookで書いてます。

フォローする

★現在の人気記事はこちらです★