赤ちゃん連れ海外旅行の準備についてまとめてみた!①

7月末に10ヶ月になったうちの娘ちゃんと母と私の女子3代でグアムに行って来ました!

「アンタ去年NY行った時にはもう数年は海外など行けないから今行くのっつってたじゃんかよ、なにグアムとか行ってんだよっ」と友人にキレられました。
そう言えばそんなこと言ってたわ、アタシ。あはははは。
いやぁ、楽しかった!!

しかし私も赤ちゃん連れの海外旅行など初めてなので、けっこう入念に下調べをしました。
自分が何かを我慢するのは仕方ないとしても、赤ちゃんはそうはいかないからねぇ。
無理矢理連れ回すという側面もなきにしもあらずの赤ちゃん連れ旅行は、なるべく赤ちゃんが快適過ごせるようにちゃんと準備しておくべしと思って、チマチマと計画をすすめてまいりました。

そんなわけでどんな感じで準備したかをまとめてみましたので、良かったら参考になさってください。
場所はグアムなので他の国に行ったら全然事情の違うこともあると思いますのでご了承を。
でも国内旅行でもヒントになるようなこともあるんじゃないかなっ。

木村聡子PR
木村はオタクですが本業はプロの歌手・声優です。(ProfileVocal
主な出演作:ディズニー「魔法にかけられて」ジゼル(主役)・「アナと雪の女王」
「美女と野獣2017」・「名探偵コナン~戦慄の楽譜~」千草らら役歌唱 など。
メインのSNSはFacebookで、twitterに転送してます。
Instagram(親バカ写真)もちょこっとやってます。
Welcome Symphony
----------------------------------------------
Welcome Symphony」 CD発売開始!(販売サイト)
アナ雪クリストフ役・原慎一郎さんとの命の誕生の奇跡を
テーマにしたデュエット曲「life」は必聴です!
視聴だけでもぜひお願いします♪ →【YouTube

スポンサーリンク

◆①場所決め・ホテル決め・スケジュール決め◆

●旅行場所

行き場所の条件はいろいろあったのですが、絶対に譲れない条件は以下のみっつ

  • 赤ちゃんがいるのでなるべく飛行機が短く、時差の少ないところ
  • とはいえ、赤子なんぞほぼ意識不明なので自分が行って楽しいところ
  • 素晴らしい写真が撮れる、景色の良いところ

ということで、他に候補はなくグアムということでスルっと決定。

飛行時間が長く時差の大きいところは最低1週間以上のお休みがとれる時じゃないときついようです。
ハワイは気候がグアムよりもさらに良くて気持ち良さそうでしたが、パッと行ってパッと帰る感じじゃなさそう。
ともだちが3週間子連れで行ってましたが、すごく楽しそうでした。超うらやますぃ!

あとは韓国・香港・台湾・シンガポールなどのアジアも悪くないですが、ゼロ歳児と一緒に行って楽しいかと言うとけっこう微妙な感じ。

実際行ってみて思いましたが、子連れ旅行にグアムは本当にオススメ
島ぐるみで赤ちゃん連れにすごく優しくてとっても快適でした。
多少泣いたりしてもお店のひとはもちろん、現地の一般人も含め、だーれも冷たい視線で見たりしないの。
それにひきかえ日本って冷たいわぁとちょっと感じました。

そして観光客の8割以上が日本人ということもあり、余裕で日本語のみでやっていけます。
英語の苦手なひとも余裕です。
もう別荘買っちゃいたいくらいです。言ってみただけ。

●ホテル

赤ちゃんはご機嫌ななめになるとベビーカーに乗ってくれなくなります。
そんなときに抱いてホテルまで移動するのは大変なので、なるべく中心街から距離の近い立地が良いです。
んで、もちろんお安い方がいいに決まっています。

ということで、いろいろ比較してみてH.I.S直営のグアムリーフに決定。
ちょっとだけ贅沢してオーシャンビュー確約で、ウォーターサーバー備え付けのある部屋にしました。
あっ、今回は格安飛行機を調べてていくつか比較したら同じ飛行機がH.I.Sが一番やすかったので、ついでにホテルもH.I.Sで予約しました。同時予約でちょっと安くなったりしたので。

話戻って、ホテルにウォーターサーバーがあるのはかなり良かったですよ。
お湯も出るのでミルク作りが必要な赤ちゃんもすっごくラクじゃないかと思う!
日本からドリップコーヒーやティーバッグを持って行けば部屋でもリラックスタイムが過ごせますね。
ちゃんと普通の大きさのテーブルもあったのでそこで食事もできました。
他のホテルで過ごしてないから比較はできませんけども、3~4泊するホテルとしてはちょうど良い広さ・装備・価格じゃないかと思いました。

あ、あと朝食はついてないコースが良いと思う!
朝ごはんを時間で区切られるとバタバタして赤子連れにはきっとつらいんじゃないかしら。

あとね、プールがすっごい良かった!!
滑り台とか流れるプール的な仕掛け系はなーんもないただの水たまりプールだったけど、景色が最高。
海よりもかなり高い位置にあって、プールから海まで続いているように見えるような作りをしています。
この雰囲気だけで、もう一回泊まりたいなぁと思うくらい。
これ、私が普通にiPhoneで撮った写真。すごいっしょ!

もしも娘がもう少し大きくなってからグアムに来れるとしたら、ウォーターパークが一緒になったオンワードホテルにも泊まってみたいかも♪
http://www.onwardguam.com/hotel/

旅行終わってひとつだけ思ったのは、ハイハイ期の赤ちゃん連れの場合は和室じゃないと大変ってことです。
(もしくはコンドミニアムで土足禁止の絨毯のお部屋があればそれがベスト。)
ホテルの固く冷たく汚い床を這わせられないので、ベッドの上に置いておくことになります。
そうなると落ちないように監視が本当に大変でした。
赤ちゃんもストレスフルになるため、わざわざ運動させにショッピングモールのキッズコーナーに何度も行きました。
それはそれで楽しかったけどね。

グアムリーフにはグアムで唯一の和室のお部屋があります。
しかしスイートルームなので広いけど、当然お高いの。
祖父母と一緒、もしくは別家族と合同で借りられればそこがいいかもねぇ。
いいかもねぇ、いいかもねぇ!!!おかーーさぁーん!おとぅさーん!!

てゆうか欧米の土足文化ってそろそろあらためませんかねぇ?
どー考えても非効率的で不潔だよねぇ。

●スケジュール

スケジュールはね、長くお休みがとれればもちろんゆったり行くに越したことはないです。
しかし普通はお仕事もしてるしさ、そうもいかないですよね。
でも赤ちゃん連れで弾丸決行は絶対に良くないです。

旅行会社が提案するツアーの一般的日程にプラス1日余裕のあるくらいがいいんじゃないでしょうかね。
グアムは3泊4日が多いのですが、今回は4泊で行きました。
しかも行きは午前便、帰りは夕方便。その分飛行機代が高くついちゃったけどね。
でも本当にちょうどよい日程だったなぁと思います。

あと、旅行中の行動スケジュールは空白にしとく方が良いです。
現地の気候でどのくらい赤ちゃんと自分が疲れるかわからないし、オプショナルツアーに無理矢理連れて行ってもしんどいだけで全然楽しくないという結果を招きかねない。
ツアーは現地でも申し込めるので、余裕があれば当日申し込むくらいの気持ちでいいのではないですかね。

ただし、特定曜日しかやっていないようなイベントがあるのであれば把握だけはしておくといいかもね。

それと今回は行かなかったけど旅行会社等が所有するプライベートビーチに行くのもステキらしいです。
だいたい旅行会社でオプショナルツアーとして申し込めば入場できるみたいです。

◆②パスポート取得&ESTA取得◆

赤ちゃんですので、パスポートは持ってないですよね?
これはどーしても避けられない作業です。取得しましょう・・・。
めんどくさいしお金もかかるけど、早め早めにやっちまって下さい!!
以下に手順を公開。

1.写真をとる

普通ならば写真スタジオに行って撮影しますよね。
でも赤ちゃんってご機嫌に波があるし、動きまくるし、せっかくスタジオ行っても綺麗に撮れないことが多いと聞きます。
お金ももったいないし、私は自分で撮影することにしました!

重要なポイントはみっつ

・前を向いていること
・影ができていないこと
・真顔であること

首が左右に傾いているのはあとで簡単に補正できますので問題ありません。
が。まっすぐ前を向いていない写真ははねられる可能性が高いので気をつけましょう。
あと部屋で撮るならば顔に影ができないように場所を決めます。
そして笑ったり泣いたり口を大きくあけたりしていない瞬間を狙います。

自宅で撮るならばいくらでも撮り直せますので、焦らずに椅子に座るたび(つまり食事のたび)に狙えばいいと思います!
背景は気にしなくてよし!

別に一眼じゃなくていいと思いますが、スマホのカメラはノイズが多いのでできれば普通のデジカメで撮影した方がよさそうです。
今回実際に使った写真はこちら(縮小してあります)
★アデランスはステマじゃないですよ。後ろのテレビに映ってたの・・・orz

2.画像ソフトで傾きを補正・背景を消す

うちで使っている画像ソフトはオタクのくせにPCにプリインストールされているペイントショップです。
わーん、かっこわるぅい。フォトショップ使ってないのぉ。
エレメンツは持ってたような気もするけど。
でもそんなヒトもおおいと思うので、超初心者でもできるペイントショップの使い方を以下に。

●傾き補正

おでこからアゴのラインが垂直になるように傾きを補正しましょう。
そんなに厳密なものじゃないです。目視でだいたいまっすぐならOK。
ウィンドウの一番上の「画像」から「自由回転」を選び、左右と角度を設定しましょう。
1度動かしてみて、回転の過不足を見てちょっとずつ動かしていけば良いと思います。

●背景消し

これはちょっとだけめんどくさいです。が、5分もあれば完了します。

1. ツールパレットから「ペイントブラシ」を選びます。
  (ツールパレットが出ていない場合はウィンドウ上の「表示」から「ツールバー」→「ツールパレット」を選びチェックを入れれば出てきます)
2. マテリアルパレット(なければ「表示」→「パレット」→「マテリアル」で表示)で白を選ぶ。
3. ツールオプションパレット(なければ「表示」→「パレット」→「ツールオプション」)でブラシの太さを選んで輪郭に沿って背景を消し、その後太いブラシにして一気に全部消しましょう。

そんなに大きい写真じゃないのであまり神経質にならなくて大丈夫ですが、輪郭を消すときは一筆書きのように消すとやり直しが大変なのでこまめにクリックし直しながら消していきましょう。
今回は右肩の洋服がひっぱられてずり上がっていたのでそこをちょっと消したりもしてます。

背景を消した状態にした画像はこれ。 (縮小済)

3.「証明写真をつくろう!」で印刷

パスポートの写真には大きさ、余白等に厳しい規格があり、目分量で設定するのはけっこう難易度高め。
参考http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_photo.html

そこでこのソフト。
証明写真をつくろう! 
マジ神。しかも無料。泣ける。

一瞬印刷するのにオプションを購入しなくちゃダメなのかと思っちゃいますが、そんなことはありません。
このソフトでJPEG画像を出力し、それを印刷すればOKです。
印刷するときに注意するなくてはならないのは、必ず等倍で印刷することです。

アプリで出力される画像にはキリトリの目安線が付けられているのですが、それがフチギリギリなのでプリンタで「フチなし印刷」を選択しなくてはなりません。
が、フチなし印刷というのは少しだけ画像を拡大して、印刷用紙よりも大きめにはみ出して印刷する機能なのです。
なのでせっかく出力されたサイズよりも拡大して印刷されてしまいます。

しかしフチナシ印刷ができるプリンタはドライバの設定で「はみ出し量」を設定できます。
これを“ゼロ”にして印刷すれば拡大されません
この設定でミスして「クソアプリ」とか見当違いの罵倒をすると相当恥ずかしいので気をつけるよろし。

ということでできあがり♪
L版サイズで作成した画像がこれ。(縮小済)

これをキリトリ線で綺麗に切って使いました。無事にこれで作れたよ★

念のためもう1パターン作ったバージョン。こっちは使わなかったけど。

4.戸籍謄本をとる(親子で1枚でOK)

区役所・市役所に行き戸籍謄本を取りに行きます。
450円かかりますよ。
あと住民票が必要な場合もあるみたい。都民はいらないっぽい。
その他必要な書類はこちらで確認。
参考 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_2.html

5.早めに申し込み、受け取りは赤子本人連れて

わたしは都庁にとりにいきました。
申込時は親だけで大丈夫。
役所に戸籍謄本とりにいったときにパスポートの申込書類ももらえるのであらかじめ書いておくといいですよ。
書いてから並ぶので、現場で書くのイライラしちゃうもん。

そして1週間後の受け取り時には赤ちゃんいないとダメですよ。
あとお金は収入印紙で払えってあるけど、パスポート売り場?には収入印紙売り場もあるので現金を持って行けば大丈夫。
赤ちゃんの5年パスポートは6000円、オトナの10年パスポートは16000円です。

6.ESTA取得

これねぇ、簡易ビザみたいなものなんですが(←たぶん)アメリカ本土やハワイなら必要なんですけども、実はグアムはいらないんです。
参考http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

有料だしね、放置放置。と思っていました。

が!!
入国審査のときにESTA持っていると5倍以上早いんですよ。
並ぶ列が別になってて、ESTA持ちの列は超短い。
それに引き換え、ESTAなしの列はクソ長い。

14ドルとそーんなに安いわけじゃないのですが、そんなに高いわけじゃない。
1400円で1時間短縮できたら良いと思わない?
実は家族で誰かひとり持っていればESTA列に並ぶことができました。(少なくとも今回は。)
去年アメリカ行ったせいで実はESTAを持ってたんですよ。うちの母が。
(わたしはパスポート作り直したのでESTA消滅してました。)

なので誰かひとりだけ取得しておいた方がいいと思うなぁぁぁ。
上のリンクからネットで取得できるよ。

◆③海外旅行保険◆

●親の保険は楽天カードで

私が愛用しているメインクレジットカード「楽天カード」には年会費無料のカードとしては最強レベルの海外旅行傷害保険がついています。
参照→http://www.rakuten-card.co.jp/service/insurance/

適用になる条件は以下のふたつのどちらか
  ・旅行代金(ツアー代金等)を楽天カードで支払っている
  ・空港までの交通費を楽天カードで支払っている

なんですが、昨年アメリカに行ったときに条件が曖昧で疑問だったことをデスクに電話して確認してみました。

2人分の旅行代金をまとめて1人が楽天カードで支払った場合、払わなかった1人も楽天カード会員なら保険適用になるか。
→なる!

旅行代金は楽天カードを使わなかったので、空港までの交通費で楽天カードを使おうとしたところ、カード支払いのできる区間とできない区間あり、一部のみカード決済で切符を買った。この場合は?
→適用になる。旅費と同様に2人のうちの1人が交通費を払った場合も、もう1人が会員ならば適用。

空港までの交通費は、楽天カードでチャージしたSuicaで乗った場合はどうなるか?
→適用外。「回数券、プリペイドカード」はOKとQ&Aにあるが、チャージはダメ。

ということだそうです。
今回は旅費を私のカードで支払いまして、母も楽天カードユーザーなのでバッチリ保険はかかっている状態でした♪
楽天以外にも海外旅行保険が付帯しているカードはたくさんあるので、自分の加入カードをチェックしてみましょう。

楽天カード入会はこちらから↓

●赤ちゃんの保険はバラがけでネットで

問題は赤ちゃんです。
もちろんカードなど持っていませんし、楽天カードは娘の分まではカバーしていません。
ということで赤ちゃん分は単独で入らねば。

思いつくのは空港の自販機みたいなので入れるやつ。AIUという会社の保険。
あれでいいのかなーと思って調べてみたところ、もちろんいいのだけど赤ちゃんには無駄な項目にも保険をかけてしまい、高くなっているとのこと。
例えば、過失でひとを傷つけてしまった場合の保険ね。あと携行品をなくしちゃったとか。
そんなこと赤ちゃんにはほぼありえないので無駄な保険。

ということで必要な項目のみ保険がかけられるサービスで加入することにしました。
いろいろあったんだけど、こちらのブログを参考にしまして、
損保ジャパンの「OFF!」にネット加入。

サイト  損保ジャパン 新・海外旅行保険「OFF!」

被保険者が子どもの場合は死亡保険は1000万円が上限です。
死んだらお金なんかもらっても・・・と思いつつも一応加入。
一番の目的は治療費用なのでそこは上限2000万に加入。
あとは全部いらん!
これでグアム5日間で1650円です。やすっ!

当日、AIUの自販機には行列ができてたので、予め入っておいてマジよかったわーん。
結局旅行先では病気も怪我もなにもなく無事に帰ってきましたが、なにかあったときに数百万という単位でかかる可能性だってゼロじゃないわけです。
で、私が払った1650円はそういう不幸な目にあった方の助けに使われるわけですから、やはり絶対に保険には入りましょう!!
てーか、保険ってすばらしいよね。わたしペットの健康保険にも入ってるけど、本当に助かってます。

あ、あと。
現地でなにかあったときの場合に自腹で立て替えずに保険で最初から支払えるしくみに対応した病院を調べておくといいです。
それと日本語が通じる病院ね。
グアムはヒルトンの中にあるみたいでしたよ。
(追記:どうもなくなったっぽい。)

◆④病院◆

旅行前に一度小児科に連れて行って、もしもの場合の解熱剤をもらっておくといいかと思います。
今回はうちの子は大丈夫でしたが、友達が海外で日本から持っていた処方薬で助かったと言ってました。
あと、これは持ち物の項目に入る話題ですが、体温計と冷えピタも薬と一緒に持って行くべし。

◆⑤Wi-Fi予約◆

お?なんだかここだけ毛色が違うぞ?
って感じですが、赤ちゃん連れの場合は何かを調べるのにモタモタしたり、不慮のことが起きた時に即座に電話が使えるようにしておくのは悪くないことかと。

・・・ごめん、やっぱ赤ちゃんとか関係ないわ
ネット繋がってないと死ぬ。
Facebookにリアルタイムで旅行記録とりたいのよぉ。ただそれだけ。
てことで、現地で使うネット環境についてリサーチしておきましょう。

アメリカ行ったときは現地の回線のSIMを入手するという方法をとりましたが、グアムは調べてもどうもよくわからなかったし、赤ちゃん連れてキャリアショップで契約したりはどう考えてもしんどかったのでグローバルWi-Fiを予約しちゃいました。

成田空港で当日借りられるという話もありますが、在庫次第で借りられなかったというヒトの話も聞きました。
やはり予約必須です。
スマホのアプリから予約すると5%割引で受け取り手数料が無料になります。
(あとFacebookページやTwitter公式アカウントのリンクからでも同じように割引きになるよ)

グローバルWiFi (無料)
App
販売元: Vision Inc.(JP) – Vision Inc.(JP)
☆価格は記事執筆当時のものです。

しかし帰国したあとに気づいたのですが、H.I.Sのオプショナルツアーという扱いで現地で借りられるモバイルWi-Fiが、グローバルWiFiの半額程度でありました。
サイト http://activities.his-vacation.com/jp/jp/TourLeaf/GUM0103.htm

ちょっと悔しい。
このように旅行会社が取り扱ってる場合もあるのでリサーチはやっぱり入念に。

【追記】
グローバルWiFiですが、さらにこのあとわかったのですが、アプリからの申し込みよりもkakaku.comから申し込むのが一番安いということが発覚しました。
このグアムの翌年に行った香港ではここから申し込みました。

サイト  http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/company.asp?ww_service=1

追記ここまで↑

Wi-Fiですので家族で一台借りておけば共有して使えます。
しかしショッピングモール等で別行動したりした場合は一人しかネット環境を維持できないような状況になりますので、無料Wi-Fiの使える場所はある程度事前にチェックしておくと良いでしょう。

グアムの場合は市内の移動に必須の赤いバスの5日間パスを買うと、至る所にあるWi-Fiスポットを使えるようになります。
うまく組み合わせるべし!

あとグローバルWiFiを借りて帰国したら、空港返却ではなく郵送返却ならば帰ったその日に返送しないと延滞料金をとられますので要注意です。

ということで前編はここまで。
後編は実際に荷物をまとめるべくお買い物にでかけるところから始めます!